イタリア料理の歴史

起源は何処から

イタリア料理とはどういうものか、料理を楽しむにはどうしたらいいか、といったことを説明してきた。ここからはそんなイタリア料理がいつから文化的に発展していったのかを見ていこう。イタリア料理の話をすると、真っ先に話題として提示しなくてはならないのが古代ローマだといいます。何故にローマと思うかもしれませんが、そういう風に歴史が紡がれてしまっているのだからしょうがない。ですが始まりを読み解いていくと、出てくる代表的な人物としてかの有名なローマを当時最大の帝国にまで押し上げた『カエサル』について触れる必要があります。

カエサルといえば、最近スマホゲームで登場したFGOにて登場してきますが、非常に豊満な体つきをしている。本音は別のところにあるが、それを口に出すとたちまち問題が湧き出してきそうなのでふれないでおくが、そうした肉体が示すのは彼が史実において美食家だったことが言われているからだ。しかしいくら美食家だったが、実際にはマナーもくそもない非常に汚らしい食べ方をしていたという。しかも当時はそれが当たり前に行われていたというから、寒気が走る。今のちょっとお行儀が悪い子が可愛らしく思えてきてしまいます、大の大人が堂々と食事中に物を吐き出していたというから、情けないを通り越して笑えてきてしまう。

ですが食に対してこだわりを持っていたことから、この時代からオリーブ油を始めとした様々な調味料がこの時代には既に誕生していたと言われるほど、食文化の発展が見られたことも大きい。古代ローマの料理は欧州地域へと広がっていき、イタリアにも伝播していきます。そのくらい歴史が古いとも言われているイタリア料理ですが、その起源について調べていくと行き当たるのが『フランス料理との関係性』です。

原型と発展へ

イタリア料理の話でどうしてフランス料理が出てくるのかという話ですが、実はこの2つ絶対に切り離して考えてはいけないものだからだ。どうしてかというと、イタリア料理はその起源が故に非常に古い文化を持っており、また料理としての技術もカエサルを率いたワg……、大変な味にこだわりを持っているやんごとなき人々により、驚異的な発展をしていたからだ。その技術をこれ見よがしとばかりに当時貴族だった人々は毎日美味な食事を堪能していたという。新たな料理の開発にも積極的で各地で盛んに料理を研究する動きが強くなっていく一方で、イタリア料理の秘めた可能性と技術力の高さにより感銘を受け、後に現代では世界三大料理とまで讃えられるようになった『フランス料理』は、そんなイタリア料理を原型としているのです。

まだフランス料理がイタリア料理により影響される以前の話では、貴族だろうとなんだろうと手づかみで物を食べるのが普通だったというから、ワイルドを通り越して非常に野生的すぎる。しかしイタリア料理が入ってきたことにより、マナーという文字を身につけていったとされ、やがて宮廷料理にまで発展したことによりその地位をモノの見事に現代まで広げることに成功したという。ただマナーがいいとされたイタリア料理も、その起源たる古代ローマにおいては下劣すぎる食事風景が展開されていたとなると、心境は微妙だ。

食材の起源

しかしイタリア料理も初めから全てにおいて優っていたわけではありません。歴史上、決して表舞台にたつことはない人々の努力と研鑽により技術が発展していったこともそうだが、同時に料理に使用される食材も内ではない、外からの影響により革新的な進化を果たすことに成功したのだ。その起因を与えたのが、アラビア人との接触だ。

ではそんなアラビア人が何をもたらしたのかというと、『米』や『オレンジ』、『サフラン』に『サトウキビ』といった物をイタリアへと持ち込んでいったのです。未知の食材に料理人たちが関心を示したことは言うまでもない、これによりイタリア料理というものがさらなる段階へと一歩前進したことに変わりはない。また新たな食材の登場はそれらを創りだすための農業などにも繋がっていったので、色々な意味でイタリア全土に刺激をもたらしてくれたのです。

こうした積み重ねがあったからこそ、フランス料理の原型であり、その技術力が故に現在でも定番料理という確かな地位を世界全土に広げることに成功したイタリア料理、カエサルもやれば出来るではないかとものすごい上から目線で褒めたくなる。けどゲームのカエサルは使いたくない、などと関係ない話をぶっこんでみる。

良い意味で進化した

調べていく中でイタリア料理というものがどんなに良いものか、改めて好きになったものの、古代ローマの傍人ぶりには正直呆れてものが言えなくなってしまう。これでよく後世に恥を残さないような料理といった発展を遂げなかったのが、ある意味奇跡かもしれません。カエサルにしても、美食家であるという話は調べる以前から知っていた情報ではありますが、こんな人なら裏切られてもしょうがないだろうという、自業自得感がむき出しになってしまう。

名言である『ブルータス、お前もか』を歪曲的に想像すると、もしかしたら誰も彼もが彼の作法には腹を立てており、下品極まりなく耐えられなかったから反旗を翻したとも分析できる。それが本当にそうだったら、帝国を統べた王として情けない限りだ。